伝達力の向上

JB23の駆動力伝達性能の性能向上させる為に、
SEVホィールを使用しました。
プロペラシャフトのロスってかなりある事ご存知でしょうか?
プロペラシャフトが経年劣化による、ユニバーサルジョイントが緩々になったり、ガタつきが発生したり、
またまた、オフロードにおいてシャフトをガンガンぶつけて
シャフト自体のバランスが狂ってしまったりと、
よく見かける現象です。
そんなダメなシャフトを新品に交換するだけで、
かなり格段に駆動力伝達性能は向上します。
運転していてわかるくらいに、向上したのがわかります。
そこで、新品のシャフトに交換すると高価なので、
SEVホィールを使用して、伝達性能を向上させました。
アクセルを軽く踏むだけで、もう違いがはっきりとわかります。
お客様も満足していただけた様子です。
1枚2160円のSEVホィールで今までとはまったく違うと
、たいへん喜んでいただけました。
ありがとうございました。
走りを楽しんでください。
車高アップされているクルマには、なおさら効果的です。
シャフトの角度が変わってしまってるので、
スムースな駆動力伝達しにくくなっていますので。

image

1枚装着するのであれば、リヤシャフトのトランスファー側がおすすめです。
この場所は効果抜群に体感できます。
2枚目は、リヤデフ側に装着。

image
blogカスタマイズカテゴリーの記事

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    先日はありがとうございました。
    駆動力の伝達ロスが、こんなにも車の動きに影響を及ぼしていたとは!いやはや驚きました。アクセルをちょっと踏んだだけで、スイッと前に出る様な車の挙動は、今までジムニーでは体感した事がなかった動きでした。自分にとっては、このレスポンスの良さが何よりもありがたいので、この視点での改良を目指していきたいです!又、アドバイスをお願いします。まだまだ、早くなりますね。楽しい!

  2. SECRET: 0
    PASS:
    山さん。
    いつもありがとうございます。
    クルマが思ったように軽くスッと動くって嬉しくなりますね。
    軽く動くと言うことは、各部分の作動が滑らかになってると思いますので、ストレス軽減につながってると思います。部品にとっても不具合の発生が防げることと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください