ATのもたつき感をダイレクトなフィーリングに

ATミッション車を運転してると、アクセルを踏み込んでるのに、パワーがなかなかタイヤに伝わらない!タイムラグがじれったく感じることってあると思います。またもたつき感があったりして、スポーティな走りができなくつまらないことってあると思います。

理想としては、

MTミッションのようにダイレクトなフィーリング。

スムーズ性能。

変速フィーリング。

力強い加速フィーリング。

ATミッションもMTミッションのように、キビキビとしたフィーリングになれば、きっと走りが楽しめるし、焦ったさも無くなると思います。

AT用ペックスフィルター。

ペックスフィルターを使うことにより、ATミッションの滑り予防ができます。

滑るとは、アクセルを開けてるのに、エンジン回転数は上がるのに、スピードが上がらない状態です。

滑る原因としては、ATFの劣化、粘性の著しい低下など。ATFの経年劣化により粘度低下、潤滑、動力伝達、クリーニング性能も徐々に低下していきます。

劣化してるATFを使い続けてますと、動力伝達性能が発揮できなく、AT内部のクラッチの摩耗により滑りが生じてきます。また、トルクコンバータ内部の摩耗、摩耗により摩耗粉が発生してきます。

摩耗粉が多く発生してきますと、加速性能悪化、変速ショックが大きくなり、動力伝達性能悪化または、走行不能に陥ります。

このペックスフィルターを使うことにより(フィルター内部は永久磁石が組み込まれてる)、鉄粉が除去できるので、ATFの劣化抑制ができ、滑りを予防できますので、加速性能、変速、動力伝達性能が低下、ATF劣化による走行不能を防ぐことができることに繋がります(ATミッション内部破損してる場合は除く)。

実際に取り付けて走ってみますと、1速からの加速フィーリングが力強く、ダイレクト感向上。実際かなりダイレクトな走りができます。

変速フィーリングがスムーズで、殆ど感じない。

滑らかな走行フィーリング。

お客様のJB23には、エンジンもペックスオイルフィルターを使われてますので、エンジンも力強い回転レスポンスがあり、ATミッションもペックスフィルターを使うことにより、総体的にクィックなレスポンスのあるジムニーになりました。

取付位置は、ATミッションからオイルクーラーに繋がる配管途中に取付るので、必ずATFはペックスフィルターを通過します(ノーマルはオイルパン底部に小さな磁石がついてますが、全てのATFが磁石と接触してるとは限らない)。

blogカスタマイズジムニーメンテナンス日記カテゴリーの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください