オイルを換えてリフレッシュ

今月は何故かオイルを交換される方がとても多い月です。

エンジンオイル、ギアオイル交換すると
リフレッシュされて気持ち良く走れますね。
クルマも何となく調子が良くなり、
ドライバーも何となく気持ちがスッキリとすると思います。
あらためてオイルをご紹介しますと。
いま一番よく販売してるのは、
アッシュのVFSスーパー5W40で、
エステル配合の化学合成100%オイルです。
スペーシアなどの軽ワゴンには、
VFSスーパー5W30がよく出ます。
VFSスーパーはリッター2,100円(税抜き)。
その次は、PSE10W40でエステル配合
部分合成油です。
このオイルは、エンジンオイルが減りやすいクルマにはお勧め品です。
油膜の弾力性性能に優れているそうです。使用してるうちにオイル減りが遅くなる傾向にあります。
PSEはリッター2,200円(税抜き)。
VFS10W40に交換されるクルマもたいへん多いです。
こちらは、化学合成100%ですがエステルは使われていません。
エンジンの中が汚れにくい性能のオイルです。
リーズナブル価格ですが、価格のわりに
贅沢なオイルだと思います。
特に燃費性能を向上させたい方にはお勧めなオイルです。
VFS10W40はリッター1,500円(税抜き)です。
とにかくエンジンオイルの性能を求められる方には、FSE  e-specエステル100%
をお勧めします。
とても滑らかになるオイルです。
長期間使用してもほとんど性能の劣化はないそうです。
自分の乗用車に使ってました。
実際走行距離で何キロ位まで性能に変化を感じないか試してみました。
ターボ車ですが、15000キロ使用しても
ほとんど劣化は感じませんでした。
全然まだ使えそうでしたが、さすがに
怖いので交換しました。
あくまでもクルマの使用状況や、エンジンの状態によるとは思いますが、長期間使用しても変化を感じないことは、安心度が高いと思います。
ギアオイルは、PSEが定番品です。
エステル配合のギアオイルですので、
流動性能に優れ油膜強度も強い性能のギアオイルです。
PSE75W90、80W90取扱いしています。
リッター3,000円(税抜き)です。
LSD付きのギアにも使用できます。
CDX-Sギアオイルも取扱い品です。
エステル100%の高性能ギアオイルです。
80W90、250Rがたまに出ます。
250Rは80W140相当の粘度のオイルです。
CDX-Sは、ギアからの音も静かになると
思います。また、LSDの性能が向上する
ギアオイルです。
ギアの性能向上を求める方にはお勧めなオイルです。
PSEでも十分性能は優れていると思います。
アッシュオイルは基本的にはロングライフ性能ですので、長期間使用した場合でも性能に変化がとても少ないオイルです。
ブレーキフルードやATFも性能が向上します。
また、安心度を求められる方にはお勧めな製品だと思います。
blogメンテナンスカテゴリーの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください