やっぱり効果がありました。

先日フェンダーアースチューニングをブログに書きましたが、本日JB23-9型モデルに追加アースで、フェンダーアースを施工しました。
早速試運転に。
ハンドルの中立付近はかなり安定感がでてます。実際走行しますとクルマの安定性能ははっきりと体感できるくらい良くなってます。
ハンドルを切り込んでコーナーを曲がるときも、少ない舵角でクルマが曲がる方向に向きを変えてくれる感じがわかります。
エンジンパワーも低速域から中速域までの
スピードの伸びが向上しています。
高速域はまだ未確認ですが、今度水曜日にツーリングがあるので走りを試してきます。
アースチューニングは本当に奥が深いチューニングです。あらためて思います。
これからやってみようと思ってるのは、アースチューニングでクルマの動き方を変えてみようと思ってます。エンジンではなく挙動です。
どう変わるかまだわかりませんが、トライしてみます。結果は後日ブログで!
やっぱりSEVボルテージは凄かった!
前回、バッテリープラス側の配線に装着。
今回は、バッテリーのマイナスに装着しました。もう、SEVボルテージが付いてるのと
付いていないのでは、まったくクルマが違います。SEVを付けて走るとクルマが速い!
SEVボルテージを2セット付けるともっともっと凄いパワーになります。
基本はまずオイルが重要です。
オイルが良くなければ本来の性能は出せませんから。次にアースが大事。アースは電圧計で計測してアースポイントを決めるのですが、それだけではわからない効果が出ます。
電圧計だけではわかりません。
SEVは本来持ってる性能をフルに出せる。
オイル、アース、SEVでクルマは凄く良く変化します!

image
未分類カテゴリーの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください