これからの季節に。

早いものでもう4月中旬になってしまいましたね。
季節も新緑の季節となります。
気温もちょうど良いし、仕事するのも凄く楽です。
人間とクルマも同じで気温が上がってきると
だんだんと辛くなります。
バテる!
人間の場合はエアコン付けて涼しくなるけど、クルマ自体はエアコン付けると余計に辛くなります。そこは人間とは違います。
じゃぁクルマはどうしたら楽になるのかな?
走ればエンジンやギアBOXやマフラーなどの熱でアッチッチー状態です。
また、エアコン付ければさらに!
これからの暑い季節はクルマは熱との闘いになります。クルマ自体が発する熱にクルマ自体がバテるのです。
バワーが減少し、その分アクセル踏めば燃費悪化に繋がります。
簡単な対策としては、熱だれしにくいエンジンオイル、ギアオイル、ATF、またラジエター液も熱の吸収発散の早いやつに交換するだけでも、クルマが楽になると思います。
エンジンの内部コーティングも一役あります。コーティングすれば金属表面がなだらかになるので、エンジン、ターボからの熱がシリンダーやターボハウジングを通じて逃げやすくなると思います。
どんな時でも快適に調子良くクルマに乗りたいものです。それには、エンジンオイル、ギアオイル、ATF、ラジエター液、スパークプラグ、エアークリーナーなどのメンテをしっかりとする必要がありますね。
ラジエターキャップも使い過ぎてパッキンがヘロヘロ状態のもよく見かけます。
ノーマルキャップで良いので新品にするだけでも冷却効率が上がります。
エンジン内部が黒々してたらエンジン油路やターボの油路も汚れてます。
汚れていますと本来持ってる性能は発揮できませんので、なるべく洗浄効果の高いオイルや添加剤のご使用をお薦めします。
ラジエター本体も汚れで詰まってしまい本体の性能を発揮できない場合もあります。
やはり日頃のメンテ次第で調子良くも、悪くもなります。
猛暑になる前にメンテしとくと良いと思います。
お薦めエンジンオイル、ギアオイルはアッシュかCDXがお薦めです。
ATFは、アッシュ。
ラジエター液はPG55か、ワコーケミカルのパワークーラントがお薦めです。
エンジンやギアBOXの洗浄にはSOD-1。
エンジン内部の洗浄にはSOD-1か、アッシュのFMゼロ添加剤がお薦めです。どちらもエステルです。
この夏、快適に調子良く走りましょう!

未分類カテゴリーの記事

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    ラジエター液意外は、アッシュとCDXなので次回、ラジエター液の交換もお願いするようですね。暑くなる前に…

  2. SECRET: 0
    PASS:
    はじめさま
    コメントありがとうございます。
    アッシュやCDXオイルは本当に熱だれを感じさせませんね!
    安心してアクセルを踏めます。
    ラジエター液よろしくお願いします。
    ラジエターの帯電による電食防止であればワコーケミカルのパワークーラントがお薦めです。
    水温性能を重視でしたらケミテック製のPG55
    がお薦めです。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    車の外見はボコボコでも、各機関は良い状態でありたいです。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    いや~やっぱり外見ボコボコには成りたくはないですね。ずっと乗り続けたい車ですから…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください