SEVチャージ

JA22のお客様です。

今日は他の用事でご来店いただきましたが、ちょっとだけお遊びでSEVの最新バージョントランスコアで電気配線にSEVをチャージしました。

チャージといっても効果はほんの一時的です。

バッテリーにトランスコアを乗せるだけで、エンジン回転を上げていきますと、音質がすごくいい音に変わりました。これにはお客様も驚いていました。力強い音質といった感じです。

ついでに自分のJB23にトランスコアを追加装着してみました。バッテリーとコンピュータにはそれぞれ1個づつ装着はしてあります。はじめにバッテリーとコンピュータそれぞれにもう1個づつ、合計4個装着して走ってみました。

エンジンの力強さで加速していくようなフィーリングになります。ブースト圧力は普段80kPaですが、この装着では70kPaしか上がらなくなりました。だけど力強く加速しますのでブースト圧力は下がりましたが速いです。力で加速するというフィーリングになります。

今度は、バッテリーに1個とコンピュータに2個装着で合計3個を試しました。はじめの各2個装着とは変わりました。ブースト圧力は80kPaに戻りターボが効く辺りからの加速はとても速く、伸びもかなり向上してます。

今度は、バッテリーに1個とコンピュータに3個装着してみました。ブースト圧力は80kPaを少し越したようです。あくまでも法定速度以内で走っていますので、高速道路を走行してみないとなんとも言えないのですが。

でも今回試した中では一番トルクとパワー感が合っていたと思います。一番はじめか、最後の装着パターンのどちらかだと自分は思います。どちらにするかは悩みます。ターボのフィーリングをより強く味わえるのは最後の装着パターンです。ツーリングをのんびり楽しみたい場合は、最初に試した装着パターンかなとも思います。

3パターン試しましたが、はっきりと効果の違いを体感できたと思います。かなり面白いトランスコアだと改めて思いました。

最後に、3パターン全てサスペンションフィーリングが変わりました。

Posted in blog, カスタマイズ, ジムニー, 日記.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください