SEVでチューニング

本日は、ニッサンフーガV6をSEVチューニングしました。

チェロキーからの移し替えです。
V型エンジンですので、SEVインテークを
追加注文頂きました。

SEVヘッドバランサーV1.V2
SEVインテーク
SEVセンターオン
その他、SEVフラットパネルX2セット
SEVエアベスト
チェロキーはもともと190馬力ですが、
SEVを付けたことにより240馬力くらいの
力強さがあったそうです。
外した途端にかなりのパワーダウンをしてしまったそうです。
もとのパワーに戻ったそうです。
お客様のおっしゃることがよく分かります。
SEVは数を増やしていくと、相乗効果によりかなり高性能になっていきますのでよく分かります。
ハードに走れば走るほどSEVの効果が体感できると思います。
ダート、クロカンなどの走りには、
ショックアブソーバーにSEVを装着しますと、走りが良くなります。
はっきりと違いが体感できます。
V6エンジンなので両バンクに装着すると
理想的です。
センターオンレーシングでボディ剛性を
向上させます。
旧タイプのSEVエアベスト。
その他、フロアとシートポケットに
フラットパネルを装着されてます。
blogカスタマイズカテゴリーの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください