路面に吸い付く感覚

前に買ったままクルマに付けていませんでした、SEVプレミアムフォービームを今日、自分家のクルマに付けてみました。

川崎から東名高速を走って沼津まで来ました。

さて感想ですが、プレミアムと言うだけのことはあります。何が変わるの?自分もはっきりと言って詳しくは分からないのです。今までジムニーの室内に置いては走っていましたが、トルク、パワーの向上することは分かっていましたが、実際に自分家のクルマのフロントバンパーセンター一番下にとりあえず装着してみました。

早速、東名高速を走りましたがこの製品はっきりと言って凄いと思います。パワフルになりますが、サスペンションやハンドリング性能が著しく向上します。サスペンションは路面に吸い付くように走るようになってるし、(これが路面に吸い付くということかが分かった)ハンドリングも意のままにクルマが操れるのではないかと思うくらいに、気持ち良く走れます。とにかく運転していてとても楽しいのです。アクセルレスポンスが良くエンジンから駆動力がパワートレーンに伝わる能力が向上してるのがはっきりと分かるようになりました。(エンジンからの力強さが駆動系統に伝達されて力がタイヤに伝わる能力)あと、エンジン音が大きくなり力強いぞと言わんばかりのエンジン音を発します。

とにかく運転していて楽しいクルマになりました。

とりあえず写真の位置に装着です。

ワインディングロードを走ってみたいと思います。

もともとクルマ全体的にクィックなレスポンス感があるのですが、どのくらいレスポンスに変化があるか確かめてみたいです。

Posted in blog, カスタマイズ, 日記.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください