電装系すべての調子が良い感じです

SEVのトランスコアを付けてから、トランスミッションのシフトの入り、抜くが改善されました。新車の時からシフトの入り、抜くのがあまり調子よくなかったのです。自分だけではなく、JB23のお客様からたまにその様な相談を受けてました。(かなりの人数)

トランスミッションにはSEVメカボックスをつけてます。(このトランスコアはメカボックス、e-chargeの性能をより発揮させる性能も持ってる製品です)

メカボックスをミッションに付けてるクルマの場合、トランスコア装着お勧めします。ミッションに限らずその他の箇所にメカボックスやechargeを付けてるクルマでしたら、かなりクルマの性能向上します。自分のJB23にはオルタネータ、エンジン、各ギアボックスに付けてます。LSDやエアロッカーなどのトラクションデバイス装着されてる場合でも、メカボックス効果発揮できます。またメカボックスはエンジン、ギアオイルの性能低下を遅らせる作用もします。

メカボックスやe-charge付いてなくても、かなりクルマの性能は良くなります。トランスコアは配線を通じてその先にある部品の性能をフルに発揮させるようです。めちゃめちゃ体感できるってわけです。

JB23-7型。

写真のJB23のバッテリーには、プレミアムメカボックスが付いてますが、スタンダードメカボックスでも効果ありです。

やってて思うのですが、トランスコアの性能をより発揮させる場合、アースチューニングが効果的です。

Posted in blog, カスタマイズ, ジムニー, 日記.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください