電装品の調子が良くなりました

自分のJB23にSEVトランスコアをバッテリーとコンピュータに装着後、まずルームランプが必ず調子良く点灯するようなり、新車時から4駆にする為のスィッチボタンを押してもなかなか切り替わらなかったりしていたのですが、今じゃそれが嘘の様に必ず快調に切り替わるようになりました。

ルームランプもそうですがヘッドライトも少し明るくなったようです。いろいろな部分で調子良く変化しました。それだけ電気的なロスが発生していたんだと思います。

エンジンが発するエンジン音もすごく力強くなったかのようないい音がアイドリングでも分かります。あきらかに変わったことが確認できました。

旧車のお客様もお使い頂いておりますが、皆さま大変クルマがすごく良くなったと言っていますので、間違いない製品だと思います。旧車だけではなく現在の新しいクルマでもすごく良くなります。新旧問わずお使いいただけるSEVトランスコアです。

自分が思うに最近のSEVを装着しておくと、いつまでも調子が良いのではないかと思えてきます。あくまでもメカニカル部品や電装品が正常な状態においてなのですけど、調子悪くならないんじゃないかなとも思えてきます。言い過ぎかもしれませんが、個人的な感想ですので。

Posted in blog, カスタマイズ, ジムニー, メンテナンス, 日記.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください