過酷な状況ほど効果が発揮されるものです

過酷な状況でなはなく通常の走行状況でも効果は発揮されてますが、過酷な走行条件が高いほどSEVの効果は発揮されます。

レーシングカー、ラリーカー、カートなどのレースをする為のクルマにはSEVは使われてます。レーシングカーで培ったノウハウがSEV製品として発売されてます。

車体、サスペンションにはSEVセンターオンシリーズ、ストレスブロック、ダッシュオンシリーズ、トランスコア、ボルテージなどが効果を発揮します。

オンロード、サーキット、ダート、オフロードなど様々な状況にしっかりと対応してます。特にセンターオンシリーズ、ダッシュオンシリーズ、ストレスブロックは人間で言えば体幹を整えるイメージです。体幹がしっかりとすればフォームが乱れなくなるので正確に動作できるようになると思います。SEVも同様で車体、フレームがしっかりとしますと、サスペンションも乱れなくサスペンションとしての効果をきちんと動作するようになります。フレームやボデーを整えることにより、コーナリングでも安定した走行が可能となります。特にジムニーの場合車高をアップしてるクルマが多いと思いますが、車高を上げてしまうと不安定な挙動になりがちですので、車体フレーム、サスペンションをSEVを使ってしっかりとした安定した挙動を得ることができます。人間同様にクルマも体幹をしっかりと整えることで走りが変わってきます。

エンジンパワーがあるクルマもやはり体幹がしっかりとしてなくては、パワーを使えることは出来ません。まずは、各部がきちっと動作できるようにすることが大切だと思います。過酷な走行状況ほどSEVは効果を発揮しますので。

Posted in blog, カスタマイズ, ジムニー, 日記.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください