運転する度にメカボックスの良さを味わえます

(SEVメカボックス)

取付位置は、エンジンクランクシャフト周辺、MTミッションまたはATミッション、CVTケース、トランスファーギアボックスケース、デフケース(ホーシング)、電装系はオルタネーター、バッテリー、エアコンコンプレッサーです。

直接取付ない場合は、室内に設置でも効果はあります。例えば駆動系のプロペラシャフト上(室内)、デフ、ミッションなどのギアボックス上(室内)など。設置後少し効果が出るまでのタイムラグはあります。

駆動系にメカボックスを1セットのみ取付る場合は、リアデフが一番効果が高いと自分は思います。走りのレスポンスがデフが一番良く力強さを味わえます。その他の取付箇所でもこのメカボックスは体感できる製品です。有ると無しでは体感度はだいぶ違いがあります。ATミッションやCVTミッションもレスポンスはかなり良くなります。

(プレミアムSEVメカボックス)

この製品は凄い性能をもったSEVです。凄い性能と言うことは、効果が半端ないということなのです。

自分のクルマには、エンジンオイルパンに付けてますが、エンジンレスポンスは気持ち良いくらい吹け上がります。またエンジンの発するエンジン音がすごく力強さを感じられる音になります。装着後は言うまでもなく力強さと伸びの良さを味わえます。

また室内トランスミッションの上に設置しても、かなり体感できます。このプレミアムSEVメカボックスを1セットだけでもかなりクルマの性能が良くなると思います。

プレミアムSEV製品を購入される場合は、プレミアム導入製品をまず買わないとこのメカボックスは購入できません。残念ながら!導入製品は、プレミアムエンジンチューナーもしくは、パワーアルチマのいずれかとなります。プレミアムエンジンチューナーも凄い性能を持ってると思いますので、エンジンチューナーだけでも満足できてしまうかもです。

(プレミアムSEVエンジンチューナー)

スタンダードSEVメカボックスをエンジン、駆動系全部に付けるのと、プレミアムエンジンチューナーを1セットのみを付ける。スタンダードは付けないのも良いかもと思います。スタンダードは、じゃじゃ馬的でプレミアムは上質的な変化を感じます。

どっちも楽しめるSEV製品です。

Posted in blog, カスタマイズ, ジムニー, 日記.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください