走れば走る程楽しい!

JB23-9型モデルにプラズマダイレクト点火装置を装着しました。
やはり効果抜群の性能を発揮します。
アクセルをか~るく踏むだけでもクルマが前に進もうとします。
アクセルを踏み込むと力強く加速してゆきます。
試走から戻り今度はリヤのトレーリングアームとリヤラテラルロッド、リヤショック、マフラーにアースチューニングしました。
マフラーはスーパーM線(銀線)でアースしました。
試走しますとさらに凄い加速力です。
リヤサスペンションの落ち着きが凄く良くなり、直進安定性も向上しています。
また、ブレーキをギュと踏み込んでも車体は
安定していて、リヤ側から沈み込む感じで止まります。
加速力、サスペンションの落ち着き、ブレーキ時の車体の安定性、リヤからの押出の強さはやはりアースチューニングで効果がでています。
トータル的に凄くクルマが良くなってきました。
ターボアースも施工してますので、ノーマルターボ加給圧でも十分に力強く走れます。
走れば走る程楽しいクルマになってきました。
次回はリーディングアーム、フロントショック、ラテラルロッド、スタビライザー、
コイルアッパーマウントにアースチューニングする予定です。
ますますクルマが楽しくなるでしょう!
今回、リヤサスペンション、マフラーにアースすることにより、エンジンが発する音がまったく変わりました。
力強い音質に変化しました。
マフラーアースはスーパーM線を使いました。高価ですが、性能はものすごく銅線とは比較になりません。
アースで力強さ、伸びの良さ、クルマの安定性、ブレーキ、サスペンションを変えられます。
ますますアースチューニングが楽しくなってきました。
まだまだやります!

image
image

写真のクルマは自分のですが、今回は少し変えて施工しました。

未分類カテゴリーの記事

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    comment、大変遅くなりました(珍しく日々仕事多忙につき)。
    もう最高のレスポンスです、完全に″別のクルマ″になったみたいです。これまでトルクアップをメインにtuneをお願いしてきましたが、プラズマダイレクトであるレベルまでは行き着いた!?といった感ありです。踏み込んだん瞬間から高速域までグングン&軽々イキます。しかしpower upするほどリアのストレス(跳ねやunderみたいなもの?)が増し、どこか危うさを抱いてましたがアースチューニングでかなり改善されました。跳ねは勿論大きく改善されましたが、くわえてコーナリングでの安定感が格段に増したように思えます。動力と駆動のバランスがピッタリきてるようです。いよいよシーズン到来、思いっきり走りに行って来たいと思います、ありがとうございました<(_ _)>…

  2. SECRET: 0
    PASS:
    和さん。
    ご無沙汰してます。
    クルマ、満足できる仕上がりになって良かったです。
    これからの季節、沢山走ってください。
    よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください