簡単な実験してみました

ペックスオイルフィルターの簡単な実験をやってみました。

クリップが鉄粉や摩耗粉と仮定とします。磁石と磁石の間の穴をオイルは通過しますが、オイル中に含まれる鉄粉や摩耗粉の殆どは、磁石に吸い寄せられるかのようにくっつくそうです。穴を通過する時には、殆ど鉄粉や摩耗粉の無いオイルが各部へ供給されることになるそうです。穴を通過する時には、鉄粉を殆ど含まないので、摩擦による帯電の発生が少ない為、帯電による劣化は少なくオイルの寿命が伸びるそうです。「帯電により、オイルの分子がカーボンに変化」オイル中のポリマーが熱によりカーボンに変化することとは違うのですが、ペックスオイルフィルターを使用した場合、カーボン「非磁性体」もマグネットに吸着できるそうです。

ブローバイガスも低減されるので、オイルの寿命も伸ばせます。結果的にオイルの劣化が予防できるので、排気ガスの濃度も良い状態になります。

http://allegro-auto.com/wp-content/uploads/2019/11/img_9719.mov

簡単な実験でした。

クリップを穴に向けて下ろしても、両左右のマグネットに引っ張られてしまいます。

今日、これが届いた!

blogカスタマイズジムニーメンテナンス日記カテゴリーの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください