変わる余地あり

ノーマルなクルマはまだまだたくさん性能アップする余地はあります。

チューニングされてるクルマでもまだまだ変わっていく余地はあります。

ジムニーのエンジンをフルチューニングしてるクルマは当然まだまだ性能をアップする余地はあります。何故か、ジムニー以外の高性能なクルマも性能アップしてしまう訳なので、ジムニーでしたら当然変わってしまいます。レーシングカー(F-1マシンでも)もかなり性能アップする訳なので、当然と言えば当然です。

先日お客様、SEV e-chargeをお試しされました。

お客様のジムニーも相当チューニングされております。エンジンの中までチューニングされてるそうです。

早速、eマネージ(サブコン)にとりあえずe-chargeを装着しました。いろいろと変化を体感されたそうです。クルマに装着されてます空燃費計の数値に変化、アイドリングが少し高めに変化、マフラーエンドに溜まるカーボンが少なくなった、アイドリング時の音が静かになったなどいろいろと変化があったそうです。明らかな燃焼効率がアップしたのが確認できたそうです。

今日は、サブコンから外して直接バッテリーに付け直しされてお試しされています。

さぁーどのように変化があったかお話を聞くのが楽しみです。 

お客様も今までさんざいろいろなクルマをいじってこられた方です。クルマに対する熱い情熱を今も持ち続けていらっしゃる大のクルマ好きなおじ様です。

JA22にか〜るくエンジンアースチューニングです。

次回はプラグアース、アースポイントを増やされますと、これからがアースチューニングの醍醐味を味わえると思います。今後が楽しみです!

排気ガス、ラジエター液、空気、オイル、がある箇所やギア、サスペンション、ステアリング系などアースチューニングをやっていきますと、より楽しめるクルマに変化していきます。

Posted in blog, カスタマイズ, ジムニー, 日記.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です