メーター

昔はクルマにターボブーストメーターや排気温度計や電圧計などを、装着されるクルマが大変多かったのですが、まっ、最近はまったくと言っていいほどメーターを付けるクルマが減りました。

それだけクルマをいじる方が減ってるわけです。ノーマルでお乗りになってましたら、特にメーターは無くてもちゃんとクルマは走ってくれるし、特にいじらなくてもちゃんと走ります。それはそれでオーナーの考え方だから何も言えませんが、何だかとっても淋しい気持ちになってしまいます!もう少し何かいじればもっと楽しいのになぁって思います。

それでもジムニーはかなりいじられてるクルマが多いですけど。

自分が若い頃はレース三昧だったので、人に負けたくないとか、カッコ良いジムニーに乗りたいとかカッコ良い走りを見せつけてやるなんて、常に思ってました!

そんなんで、仕事が終わってからよく河川敷に走りに行ってました。よく朝方まで走って翌日は通常業務なーんてことしょっちゅうでした。若い頃は、一人でショップの店長で一人切りで店をやっていたので、よく夕方からお客様と河川敷に走りに行ってました。

でも、最近はもっぱらツーリングキャンプとか、観光ツーリングばっかしですけど。まっ、それだけ歳を取った証拠ですね。

そんな訳で今日はジムニーのターボに排気温度計のセンサーフィッティングと、正圧の取り出しフィッティングをターボ本体に取り付けしてました。穴を開けてタップでネジを作る作業です。ちょっとターボに穴を開けるのって勇気がいります。とくに今日のターボはチューニングターボなので。失敗したらーと思うと、緊張感を持って作業してました。


楽しい作業でした!

Posted in blog, カスタマイズ, ジムニー, 日記.

2 Comments

  1. これまた きわどい設置の作業でしたね〜。 確かに一昔前の車の様なメーターが ズラリ!と言う車は見なくなりました。
    最近は余程マニア?でないとつけないかなぁ?
    ターボ車は幾つかは必要な気がしますが…
    見てもたのしい、まぁ 最低は維持管理的でも いいかも ですね。

    • UEさん。
      昔はメーターがコクピットにズラリと付いたクルマに憧れましたね。
      最近のクルマの中には、水温計も付いてないクルマも有るくらいになってしまいました。
      ワクワクするクルマがいいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です