プロトタイプを装着

先日届きました来月発売されます新製品のSEVのプロトタイプを装着してみました。

エンジン本体に装着するタイプの製品で、クルマに使用されている様々なパーツの調和を整えるためのSEVです。
エンジンにはまだ付けてはいません。
とりあえずダッシュボードセンターの一番前に設置して見ました。
インプレッションとしては、
まず、ターボ加給圧のレスポンスがかなり速くなりました。
ブースト計の針がビュンビュン作動します。
自然な感じでトルクの厚みが出て、
エンジン回転が上がるにつれ、伸びが
気持ち良く良くなってます。
実際にエンジン本体に装着すると、
かなり良くなると思います。
期待ができます。
どお良くなるか楽しみです。
室内に設置しただけで、半端なく良くなってます。
自然な感じで、全てが底上げされた感じです。自然な感じでとても乗りやすいです。
サスペンションも変化してます。
ゴツゴツした感じが緩和された様に思います。
残念ながらまだ一般告知できませんので品名や製品は写真でご紹介が出来ません。
もう少しお待ちください。
現在、SEVを装着されてますクルマにこの製品を装着されると、きっとかなりクルマが良くなると思います。
SEV無しでもこの製品で、本来の性能を引き出せると思います。
エンジンに直接装着してのインプレッションをしますので、お楽しみに!
本日のSEVは、JB23のエンジンにメカボックスを装着しました。
エンジンヘッドには、ヘッドバランサーV-1、V-2を装着済みです。
SEVを増やしていくと、確実にトルクは太くなっていきます。
自分のJB23は、緩い上り坂で普通に2速発進できる状態です。
ギアなどはノーマルです。
クルマを変えてもまた使えるし、
SEVの効果は変わらないので、
とても良い製品だとつくづく思います。
blogカスタマイズカテゴリーの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください