パワーアルチマ

SEVプレミアムパワーアルチマの装着位置変更してみました。

昨日、最初にインテーク用はターボから出て直ぐの位置(インタークーラー手前)に装着。

エキゾースト用は、リアマフラー太鼓入り口側に装着。

この状態でも結構なトルク感と伸びの良さを体感しました。

今日、インテーク用をスロットル手前(インタークーラー出口側)に装着。

エキゾースト用は、太鼓の出口側に装着。

自分のフィーリング的には(好みによる)今日セッティングし直した方が良い感じがします。昨日のセッティングと比べて、トルクの立ち上がりが太いのと、アクセルを戻した時の惰性走行が凄く軽いです。

まだ試してはいませんが、インテーク用はスロットル手前で、エキゾースト用を太鼓入り口側にするともっと良い結果が出るのではないかと思います。エキゾースト用は、太鼓の入り口側に装着した方が、トルク感が増す様に思えます。

パワーアルチマのセッティングしながら、ステアリングリミテッドの方向を横の場合と縦の場合のフィーリングも同時に行いました。

パワーアルチマを今日のセッティングで、ステアリングリミテッドを横方向にした方が、トルクと伸びの良さが丁度良いフィーリングです。(縦方向も良いとは思えます。縦方向の方がターボブーストのレスポンスが良いとは思いますが、もう少しトルクが欲しい感じでした)

インテーク用。青いロールバーパッドはインテークパイプが細いのでパッドを巻いて取付ました。

エキゾースト用、太鼓の出口側。

右側の2個がパワーアルチマ。

細いアルチマと、太いアルチマの位置関係でも変わるかも知れません。

ステアリングリミテッドは横方向。

パワーアルチマ、欲しくなってきました!

blogカスタマイズジムニー日記カテゴリーの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください