ノーマルの性能向上目指して

JB23-10型モデルのエンジンアースチューニングです。

はじめボンネットアースだけとの話でしたが、せっかくやるのであればもう少しやりましょうと言うことになりまして、結局スロットルボデー〜オルタネータ〜ラジエーター〜ボンネットラッチをベースに、左右ボンネットヒンジ部分〜左右フェンダーアースポイント、バルクベッド、シリンダーにアースチューニングしました。ボンネットアースは3箇所とりました。

次回アースチューニングするのであれば、フェンダーアース追加とダイレクトイグニッション部分とスパークプラグアースチューニングをおすすめしました。アースチューニングの効果をより高めるのでしたら、やはりシルキーユニットやワコーケミカルのパワークーラントなどがおすすめです。また、各ギアボックス、ステアリングリンケージ、サスペンションアーム、ショックアブソーバー、スタビライザーなどにも施工すると効果があります。


アースチューニングもきりがないです。

アースチューニングしたら、やっぱりSEVボルテージやSEV e-chargeなどを装着しますとかなり効果があります。

低回転域から中高回転域までストレスなく気持ち良く走ることができます。同じ製品でも増設することにより、より効果を高めることができます。

SEVは安心、安全、確実に効果が出ると思っています。もう少し何とかしたいと思ってる方おすすめします。

Posted in blog, カスタマイズ, ジムニー, 日記.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です