トルクの厚みがいい感じに!

早速ジムニーJB23にSEVダッシュオンを
1個装着してみました。
低回転からのトルクが太く厚みがでました。
低回転から高回転域までトルクの厚みを感じます。
あっという間にスピードに乗ってます。
60kmに達するのもあっという間です。
軽いと言うよりかは、トルクの太さを感じます。ターボブースト圧力は0.6です。
引っ張れば0.64まで上がりますが、0.6もいりません。ブースト圧力が少し上がるだけでも
スピードに乗ってしまうのです。
これはいままでの感じとはまったく違います。
ちなみにレガシーに2個ダッシュオンを付けてみました。
同じくトルクの厚みが違います。
1個の時とまったく違い別物に変身しました。ステアリング剛性もでています。また、
サスペンションの落ち着きがさらによくなりました。JB23もサスペンションの落ち着きがさらによくなりました。
新しいSEVが発売になる度に購入して試していますが、今回のダッシュオンもかなり良いですね。
とにかくトルクの厚みがいい感じです。
当然エンジン音も静かになっていますし、音質も変わりました。
SEVを試したことの無い方には、嘘のような話しですが本当です。
走りに行くのが楽しみです。

image

JB23に装着。

image
image

レガシーには2個装着。
ダッシュパネル上部とメーター前部分に仮付け。
JB23のフロアパネルリヤ側とエンジンシリンダーに追加アースしました。
アースもトルクの厚みが出ます。
低回転域から気持ち良く走ります。
SEVと合わせやると面白いです。
本当に低回転域から気持ち良く加速していきます。こちらもあっという間にスピードに乗ります。何だかアースとSEVは感じ方が似ています。
ただ違うのは、SEVは人にも作用すると言うことです。フラットパネルとダッシュオン、SEVホィールですが。アースは人には作用しません。シルキーユニットと合わせてアースすれば、パチパチ君静電気はなくなります。
どちらも楽しいチューニングです。

blogカスタマイズカテゴリーの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください