ダイレクト感が味わえます!

SEVメカBOXをトランスミッションに付けてから数日経ちました。
最初付けてから数日後、より駆動力のダイレクトな力強さを感じます。
ジムニーのトランスミッションMTは、メインシャフトが分割式なので、メカBOXの効果がより効率良く機能してるようです。
アクセルを踏み込むと、ドンと力強く加速しようとします。
まだ、本当の効果は出ていません。
本来は2個で使うものです。
まだ、1個なのですが1個でも十分体感できます。AT車に付けるとATの滑り感がなくなるそうです。
パワーのあるクルマや、大径タイヤを履いてるクルマには特に効果がありそうです。
ミッションの中はドライバーには見えないので、どの位ギアにとって負担になってるかまったくわかりません。
メカBOXを付けることにより、力強く走れる
ということは、そうとうミッションに負担があるということがよくわかります。
ミッション(AT)、トランスファー、デフ各それぞれかなり負担(ストレス)が大きいと思います。
特にオフロードを走る場合はそうとうだと思います。よくギアが欠けたりしますのでストレス軽減することで、ギア破損やギアの摩耗、ベアリング、ケース、ギアオイルへのストレスが
減るとすごく感じます。
エンジンも同様だと思います。
エンジンの中、ギアBOXの中はものすごく、過酷な条件の中で作動してます。
気持ち良く、効率良く走る為には、ケアすることが大切だと思います。
結果として、壊れにくい、パワーが有る、燃費が良い、排気ガスがクリーンに繋がると思いますので、是非ケアすることをお勧めします。

image
blogカスタマイズカテゴリーの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください