タイヤについて思うこと。

タイヤサイズで度々聞かれることが多々あります。
タイヤサイズは大きければいいということではありません。
クルマの重量、エンジン出力、ギア比率、サスペンション剛性、動力伝達する部品の強度など、様々な要因を検討して決めることとなります。
またどのような所を走るか、どういう走り方をするかによっても選択しなければなりません。
安易に良さそうだからといって決めてはいけません。あまりにも大きなタイヤを履いてグリップのいいタイヤを履いた場合には、トラブル発生の確立は高くなると思います。
タイヤ外径が大きければ単純に乗り上げ性能は向上しそうですけれど、ギア比率、エンジン出力特性などが合わないとロスが大きくなります。
車高も外径に合わせて高くなります。
車高が高くなりすぎますと不安定になりトラクションがタイヤにかかりにくくなります。
なるべく車高は低くしてしっかりとトラクションがかかるようにする事が、走破性を上げることとなります。
なんでも度が過ぎると良いことはないと思います。自分の乗るクルマとよく向き合って考えることが大切だと感じます。

Posted in blog, カスタマイズ, ジムニー.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です