センターオン&フラットパネル

本日は、SEVセンターオンとフラットパネルの装着です。
センターオンはクルマの室内のセンターに設置することにより、車体の前後のしなりを
コントロールするSEVです。
レーシングタイプとコンフォートタイプがあります。本日はレーシングタイプです。
フラットパネルは2セット(4枚)装着。
アクセルを踏み込んだ瞬間から図太いトルクが高回転域まで持続します。もちろんパワフルです。クルマはJB23のAT車です。
ATの感じはしません。反応の良さはノーマルのMT以上です。
とにかく2セットフラットパネルを装着すると、かなりパワフルになります。
また、サスペンションのおちつきが凄く良いです。クルマが跳ねても収まりが早い。
路面接地性能は格段に向上します。
センターオンとのマッチングは面白いです。
センターオンを装着することにより、車体のヨレは感じなくなります。
路面が凄く荒れていても、車体のヨレは殆ど感じられません。サスペンションがしっかりと動いてるのが感じられます。片方のサスペンションが伸びて、もう片方が縮んだ状態でも、車体は殆ど捻れる感じは体感しません。
しっかりとサスペンションが作動しているようです。
もちろんコーナリングも良いです。
車体のヨレや無駄な車体の動きが無くなるせいか、サスペンションがしっかりと作動しているようです。
センターオンとフラットパネルは、とても
良いです。クルマに乗っていて楽しくなります。

image
image
未分類カテゴリーの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください