クルマのフィーリングが変わりました。

レガシーにアースを施工し、SEVを少しだけ付けてずいぶんクルマのフィーリングが変わりました。アースもちょっとだけです。
オルターネーター、エアコンコンプレッサー、フロントフェンダー左右、コアサポートだけです。
SEVは、フラットパネル、センターオン、
ランズSは以前より付けてました。最近ダッシュオンを2個追加装着しただけです。
運転していて凄く気持ち良く、何とも言えない良さがあります。
力はもちろん凄くあるのですが、クルマの安定感、サスペンションの落ち着きの良さ、
カーオーディオの音質は、今まで聞こえなかった音が出るようになりました。
ステアリングもしっかりしていて、ステアリングを切ったときの反応も良いです。
簡単アースと簡単SEVだけで大幅にクルマのフィーリングは変わりました。
ちょっと荒れてる舗装路のコーナーでも
クルマは跳ねなくしっかりと駆動力を路面に伝えてる感じがわかります。
ジムニーも同様に変わります。
少し硬いサスペンションでもレガシーと同じ様に施工すると、レガシーと同じ様なフィーリングに変化します。
柔らかいサスペンションでもしっかり感が出て乗りやすくなります。
ノーマルJB23によくアースをしますが、どのクルマも力強さ、しっかり感はかなり向上しています。
さらにSEVを装着するとその違いは明らかに
変わります。もっと運転していたいクルマに
なるわけです。運転したくてたまらなくなるようです。
簡単なところが魅力です。

image
image

話は変わりますが、今日JA11のベッドカバーにクラックが入っているのを発見してしまいました。
おそらく締め付けが強い為にクラックが入ったようです。約2cm位の割れです。
何かオイルの付着が多いなと思いよく見たらクラックが。
締めすぎ要注意です。
ベッドカバーは締めるといくらでも締まる感じです。当然締め過ぎるとオイル漏れもしますのでほどほどに!
よく、心配だからギュっと締め付ける方がいますが、締め過ぎるとボルト破損や逆に緩みやすくなります。あくまでも適正トルクで
締め付けしましよう。

blogカスタマイズカテゴリーの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください