オイルの帯電

オイルフィルターがエンジンオイルを劣化させると言う話しを、(株)ターゲンテックス社の社長様から話しを聞きました。

オイルフィルター内部のパンチングメタル部分での摩擦による帯電が原因でもオイルが劣化しますということです。

大変興味深い話しだと思いました。

社長様から詳しい研究結果の論文みたいなものがあるのでと教えていただき、さっと目を通して見ました。後ほど詳しく読もうと思います。

(株)クリーンテック工業の佐々木様の研究結果の論文です。

オイルエレメントって普通は殆ど気にもしないで、ただオイル交換時にお決まり交換部品といったところではないかと思います。たしかに自分もそんな感じでした。

でも、実は大変重要なクルマの装置ということが、ペックスオイルエレメントを通じて、思うようになってきました。

よく自分もエンジンアースやギアアース、車体アースチューニングをやってますが、オイルエレメントの中での帯電とは思いもしませんでした。なるほど〜と言う感じです。(大変奥が深いオイルエレメントの帯電)

トヨタが除電装置でアルミテープを販売してるのを思い出して、ペックスオイルエレメントにSEVホィールかAL-Rで除電しようと思いやってみました。使い捨てエレメントではないので、無駄にはならないので。はっきり言って除電できるかどうかはまったく分かりませんけど、遊びでやりました。ペックスオイルエレメントが内部帯電するどうかは、今度社長様に聞いて見ます。

実際は、放電させる為にSEVホィールに鋭利な部分を作りました。

何か変わるかなぁ!

blogカスタマイズジムニー日記カテゴリーの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください