エンジンオイル減るクルマにお勧め。

長年にわたりクルマを使用してきますと、エンジンオイルが
減ってしまったりします。
エンジンオイルが減ってしまう場合にお勧めな添加剤が、
SOD-1オイル添加剤です。
このSOD-1はエンジンオイル、ギアオイル、ATフルード、パワステフルードに使用できます。
洗浄効果、摩擦軽減作用に優れます。
アレグロでは、極端にエンジンオイルが減る場合を除き、
ご要望により、SOD-1をエンジンオイルに混ぜて使用しています。
お勧めは、アッシュVFSエンジンオイルに10%SOD-1を添加します。
白煙の減少、オイル減りが遅くなる。または、エンジンの状態によりますがオイル減りが止まります。
また、SOD-1を添加することにより、エンジンが滑らかに動きます。乗った感じはクルマが軽く走る様になります。
オイルが通るところすべて洗浄しますので、各部品が滑らかに作動します。もちろんピストンリングも洗浄します。
エンジン、ターボなどのオイルシールの硬化も防ぎます。
圧縮圧力も改善される様になります。(個体差はあります)
エンジン内部オイルラインは、SOD-1で綺麗に。
燃焼室は、ワコーケミカル製の燃焼室クリーニングREX
でクリーニングします。
エンジンノッキングしてる場合でも2~3回くらい続けてクリーニングしますと、ノッキングが改善されます。(個体差はあります)
クリーニングの後は定期的にガソリン添加剤のフューエル1でメンテナンスをします。
ガソリンタンクに入れることにより、ガソリンのライン、インテークマニホールド、インジェクター、インテークバルブ、燃焼室をクリーニングします。
定期的にメンテナンスすることにより、各部品が滑らかに作動します。結果的に力が出る様になり、また、排気ガスも綺麗になります。燃費も向上する可能性はあります。
メンテナンスするのとしないのでは、大きな違いが出ます。
メンテナンスをしましょう!

image

SOD-1。

image

右側、ヒューエル1。左側、ラジエータークーラント添加剤。

image

写真はPSEギアオイルです。
ギアオイルは、ミッション、トランスファーには、75W90を使用。
デファレンシャルギア、LSDは、80W90を使用してます。
油膜強度抜群のギアオイルです。
また、流動性能も良いです。
ギアケースの内部が汚れにくいギアオイルです。

image

旧車に適してるアッシュPSEエンジンオイル。
PSEオイルもオイル減りが遅くなります。
オイルラインが汚れにくいオイルです。
ロングライフ性能です。エンジン状態にもよりますが、
ターボ車で5000キロは十分使用できます。
5000キロ以上多少サボってしまっても安心です。
VFSエンジンオイルの写真はありませんが、
化学合成油100%、ノンポリマーオイルなのでエンジンオイルラインが汚れにくいです。
VFSもターボ車で3000~5000キロ使用できます。
お値段は、エンジンオイル。
VFS10W40 1,500/1L(税抜き)
PSE10W40 2,200/1L(税抜き)
SOD-1 1,250/100cc(税抜き)
PSEギアオイル75W90、80W90 3,000/1L(税抜き)
ワコーケミカル製フューエル1 1,600(税抜き)
ワコーケミカル製燃焼室クリーニング
施工料金含む軽自動車の場合 5,000(税抜き)

未分類カテゴリーの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください