まだまだある。

スズキスペーシアの帯電状態をチェックしてみました。
アースは車体に少しだけしてありますが、
きっとまだ帯電してるはずなので、チェックしてみました。
まず、車体のチェック。
フェンダーには一部アースしてありますが、
さらに違う箇所を測定しますと、300mvくらい電気が流れてます。
バルクヘッド、ボンネットヒンジも同様でした。インタークーラーのプラスチックダクト、エンジンヘッドカバー部分も200mvくらいあります。
探すと沢山電気が存在してます。
JB23のドアのキーシリンダーにも電気が存在してます。探すと切りがありません。
車体にアースチューニングを主にやると良いと思います。
車体以外でしたら、プラグ、シリンダー、オルタネータ、ラジエター、インタークーラー
ターボ、エキゾーストマニホールド、マフラー、ギアー、ショックなどを主にすると良いと思います。鋳鉄製の部分は効果あります。

image
未分類カテゴリーの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください