どのSEVを付けたら?その2

インテークとマフラーのSEVですが、
インタークーラーとスロットルの間に付けますと、まるでターボラグが無くなったような感じになります。アクセルを踏むとすぐにターボが効き出すような感じになります。
マフラーのSEVは、太鼓な前側と後ろ側とでは、フィーリングが違います。
エンジン側に付けますと、レスポンスが良くなり、出口側に付けますとトルクが太くなります。
両方付けますと、全回転域パワフルになります。

image

エンジンクランクシャフトに作用するSEVです。常にピストン、コンロッドからクランクシャフトに力が伝わっていますが、その力をロス無く
伝達できるようにするSEVです。
やはりこのSEVも取付ますと、スムーズでパワフルになるのがわかります。
ヘッドバランサーと、クランクC-1、C-2と合わせてご使用になりますと、効果的にエンジンのパワー、トルクが出るようになります。

image

SEV入門に最適なSEVです。
まるでステッカーの様なSEVホィールです。
本来、ホィールに貼り付けるのですが、いろいろな所に貼り付けできます。
例えばスタビライザー、スプリング、車体など様々です。ホィールに貼れば、タイヤが軽く転がるようになり軽く走れるようになります。
シャフトのベアリングにもSEV効果が作用しますので、転がり抵抗が減少したかの様に変化します。1枚2,100円です。
とても面白いSEVです。

image

一番最近発売になりましたSEVです。
燃料のホースに付けます。
取付てみるとかなりトルクがフラットになるような感じになります。まるでNAエンジン車の様な感じです。おそらく燃費も良くなりそうです。
気がつくとスピードにのってしまっているようです。お勧めなSEVです。

image
blogカスタマイズカテゴリーの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください