どおにか改善しませんか。

最近、SEVでクルマのフィーリングを改善できないかなぁっと聞かれることが多くなってきました。

SEVを使われている方から聞かれることが圧倒的に多いのですが、基本的にはSEVは活性化させるパーツの一つです。本来の性能をきちっと発揮させるためのパーツです。長年の使用により各パーツは経年劣化していきます。経年劣化によりロスしてる部分を活性化させることで、元気にさせる訳です。

(なかなか活性化といってもつかみどころがないので分からないのですが、メーカーさんは自動車大学校においてテスト、データどりをして実際にレーシングドライバーがサーキットコースを走り製品化されてます。)

活性化させるんですけど、クルマがすごく変わるのです。実は活性化だけではないのではといつも思っています。本来のそのクルマの特性が変わるくらいに変化をしますので。

SEVをよくチューニングの革命児と表現されてますが、まさにその通りだと思います。

SEVのすごいと思うところは、クルマだけではなく健康もサポートし、空間、土壌、水なども変えてしまうという技術が素晴らしいと思います。

今日ご来店されましたお客様も、身体にはSEVルーパーがいいよ!と。ご近所さんにも試してもらったりしてるそうです。

鈑金屋さんも、最近入庫される修理車にもSEVが付いてますよーとおっしゃっていました。変わるらしいねぇ〜と。

当店にご来店されるメカの方々からもこれからはSEVの時代だよーっとよく言われます。

自分もこれからがSEVの時代ではないかと思います。

SEVの話しは尽きないです。自分はメカニカルパーツはもちろん大好きですが、すっかりとSEVにやられてしまいました。不思議なところが面白いのです。メカパーツは変化がイメージできるけど、SEVは発見があって飽きないのです。そんな訳で一生懸命になってしまうのです。

SEVラジエター。


SEVルーパータイプG。

Posted in blog, カスタマイズ, ジムニー, 日記.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です