だんだん愛着がわいてきました

先日入庫されましたJA71についでに少しだけアースチューニングをしました。

初めてのクルマがJA71とのことです。当店に来る前に中古車の71を買われてきました。ターボはJA71からJA12純正にしまして、マフラーは大きな穴が開いていたので純正新品にしました。

もともとJA71(550cc)は低速時のトルクが細く、ドッカンターボでターボラグが大きく乗りにくいのですが、アースチューニングをしたことで低速域からトルクがしっかりと出てたいへん乗りやすくなりました。この乗りやすさにはお客様もビックリしてました。エンジンノイズも静かになり、アイドリング状態でも低音が効いたいい音質に変化しました。アースチューニングをする前は、キツイ上り坂では2速で上っていたのもアースチューニング後は3速から4速にシフトアップできるくらいにトルクが太くなりました。排気ガスの臭いも初め臭かったのですが、調子が良いエンジンの排気ガスの臭いに変わりました。アースチューニングしたことで、燃焼状態が変わったということです。

点火プラグケーブルはTMワークス製に交換しました。

クルマが良くなったことで、愛着がかなりわいてきたそうです。JA71の将来に希望が持てるようになったそうです。

ジムニーの魅力にのめり込みそうと仰っていました。

エンジンオイルはアッシュ製のMO10W40に交換。MOは鉱物油でポリマーは使われてますが、カーボンに変化しにくいポリマーを使用してます。高性能な鉱物性のオイルです。

せっかくアースチューニングしたので、お試し用のシルキーユニットハイスペックを取付しました。シルキーユニット取付したら伸びがすごく良くなり滑らかで安定感も出たそうです。市販のアースチューニングとはちょっと違うので、銅線仕様でもちゃんとパフォーマンスアップいたします。同じアースチューニングを銀線で施工すると、銅線では味わえない格別なレスポンスが味わえます。銀線は値段も半端ない価格です。銀線1m¥15,000(税抜)の配線ケーブルです。当店で販売してます銀線は、F1マシンも使ってる本物の配線ケーブルです。

アースもSEV 同様にやってみないとまったく分からない世界だと思います。

Posted in blog, カスタマイズ, ジムニー, 日記.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください