Uボルトスキッドガード

リーフスプリングのUボルトですが、クロカンやロックを攻めるとボルトが変形してしまったり、またはボルトが折れてしまいます。リーフシートから下に飛び出さないくらいにカットしても、どーしてもぶつけてしまうことがあります。皆さまは経験済みじゃないかと思います。

お客様のクルマには一応ガードは付いていますが、ガードを固定しているボルトが緩まなくなってしまっています。インパクトドライバーで外そうと思えばはずせますが、ハンマーを振るスペースの問題もあるかと思います。

そこで、今度リーフシートとスキッドガードの一体の物を作ってみます。以前は製作してましたが今回はワンオフです。

スキッドガードが外せないとUボルトの増し締め点検が出来ないので、ガードを外さなくても増し締め点検できるようにします。

Posted in blog, カスタマイズ, ジムニー, 日記.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください