電子チューニング

JB31シエラとJB23WにSEVボルテージを使って電子チューニングを施工しました。
31シエラはバッテリープラスマイナスの配線に1セット装着。
JB23Wはバッテリープラスとマイナス配線に
それぞれ1セットづつ装着しました。
シエラはSEVボルテージを装着しましたら、アイドリングが100回転あがりました。
1000回転から1100回転になりました。
走りますとじゃじゃ馬のような走りをします。これは乗ってると楽しいです。
アクセルを踏み込むとじゃじゃ馬になります。
JB23Wもものすごく力強く、速い!
エンジンが負圧の状態からトルクがせり上がってきます。後ろからクルマが押されるのが
はっきりとわかります。その状態からターボが効きだしますと、ドカーンとパワーが高回転域までいっきにトルクフルに加速します。
それ程アクセルを踏まなくても十分加速していきます。
やっぱSEVは凄い!
SEVボルテージは電子を加速させるパーツです。
最近のSEVでお薦めはと聞かれるのですが、
自分としては、フラットパネルかボルテージのいずれかと思います。どちらも順位を付けづらいです。どちらもすごく体感できるし、
クルマが変わります。
SEVランズSは異色だと思います。
ランズSはとにかくクルマが軽く走ります。
自分としては、第3位かな!

image

シエラに装着。
先日、JB23のアームにアースした話しを書きました。リヤアームに施工済みで今日フロントアームに施工してみました。
直進安定性が良くなってる感じです。
また、ブレーキがいい感じになり、先日リヤアームに施工したときにもブレーキが変化しましたが、フロントアームにアースするとさらに良い感じがします。ブレーキ剛性がさらに向上しています。
自分のクルマのブレーキホースは特注品で、
カーボンチューブを使ってます。
イタリアのフレンチューボ製。
ただでさえいいフィーリングのブレーキですが、さらに良くなりました。
あとは、路面状況がダイレクトに伝わる感じになりました。
サスペンションの跳ね感が減少してます。
また走りに行きますのでじっくりと確かめて行きたいとおもってます。
ここにきてずいぶんクルマが良くなってきました。乗ってて楽しくなります。
ガンガン走りたくなります。
今度は何処へ行こうかな!

未分類カテゴリーの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください