走行性能を変化させます。

SEVコアチューブをステアリングタイロッドに取り付けしました。写真の青いのがSEVコアチューブです。

お客様からの取り付け後のインプレッションをご紹介します。

タイロッドの結果です。

🌟ハンドルは、重くなりましたがクイックになり、前に比べると少し切るだけで曲がるようになりました。

🌟フロントの足回りの硬さが変わりました。

🌟跳ねなくなり、段差等走行しても、ハンドルに振動がこなくなりました。

🌟直進性良くなってます。そのおかげで、ハンドルセンターの戻りが勝手に戻ってくれます。

取り付けしましたクルマはダイハツのムーブです。今回はコアチューブを使用してのお試しでした。

取り付けはお客様にて。

コアチューブは雑誌の付録品です。付録ですが本物のSEVです。

普段は、SEVホィールを使用してます。

ステアリングタイロッド、ラテラルロッド、スタビライザー、ステアリングシャフト、プロペラシャフトなどに貼り付けしますと効果的です。

リーズナブルにクルマの走行性能を向上できます。

1枚2,160円です。

コイルスプリングに貼る場合は、四分割にカットしタイラップで剥がれないようにして固定します。バネのどこに貼るかはお好みでのセッティングになります。

リーフスプリングの場合は、お好みですが1枚貼っても良いし半分でもOKです。バネを硬めにしたい場合は1枚貼るのですが、お好みでセッティングできます。体感フィーリングでのセッティングです。

ショックアブソーバーのアウターケースに貼る場合は通常1枚〜2枚/1本に使ってます。

ショックの中に作用させる場合は違う製品を使用します。

Posted in blog, カスタマイズ, ジムニー, 日記.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です