ハンドル切ると異音。

JA22のお客様。

ハンドルを切ると異音がすると以前言われて調べてみたら、ステアリングシャフトのベアリングから発生してるようです。部品を調べますとパワステユニット一体での販売です。価格も10数万円!

とりあえずSEVで何とかなりますか?と聞かれまして、付けて見なければ分からないけどやって見ますか?お客様、付けてください!

という事で一番リーズナブルなSEVホィールをパワステユニットに付けてみました。

すぐに試走して頂きまして、低回転時ハンドルが軽くなったそうです。今迄とはステアリングが変わりましたとの事で。お客様がお帰りになって1時間くらい後にお電話を頂きました。

R246走って、ステアリングが今迄より安定してます。また、気になる異音がすごく小さくなりましたと、ご連絡を頂きました。暫く様子見をしてみますとの内容でした。

今日はSEVホィールを2枚貼りつけました。結局、10数万円が合計4,360円で。

今迄もいろいろな不具合がSEVで発生しなくなることを、多数のクルマで見てきました。一番良いのは、ちゃんと不具合のある箇所を修理されるのが一番だと思いますが、少しでもお安く済めばありがたいものです。


SEVホィールは、ホィール、電装系、スプリング、ショックアブソーバー、バッテリー、駆動系など様々な箇所で活躍してくれます。大変役立つSEVです。

本日のお客様は、毎月SEVを少しづつ増やされています。次回のSEVはどおしようかなと。

フラットパネルか、メカボックスか!

フラットパネルだったらクルマでも、ご自宅ても、職場でも使えるし、いろいろと使い道がありますのでと、ご案内を致しました。

Posted in blog, カスタマイズ, ジムニー, メンテナンス, 日記.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です