ストレス軽減とトラブル予防

⭐️カーボンボンネット(軽量ボンネット)

作業途中。

ボンピンが出ないタイプにしました。キーロックも出来るので良いです。ボンネットを軽くしてクルマの重量によるストレス軽減に繋げます。

⭐️JB23のハブロックの不具合。

4WDスィッチを押してトランスファー側は4駆に切り替わるのですが、ハブがロックしない症状です。

バキュームを使用してハブロック、フリーを制御します。バキュームスィッチは正常に作動してます。右側のバキュームホースを外してバキュームを確認しましたが、正常です。左側もバキューム正常でした。

不具合の原因は何だろう!

結局、不具合の原因は左側のバキュームホースの亀裂が原因でした。ホース交換したら正常に動作するように治りました。

ダイアグは、コード65を検出してました。(バキュームスィッチの不具合)

以前、JB33シエラでラリーに出場した時に、突然ハブロックしなくなった経験がありました。その時もバキュームホースが原因でトラブルとなりました。

ある程度走ったら(特にクロカンやってる場合)ホース類は交換してしまった方が良いと思います。

何でもそうですが、トラブルが発生する前に予防しておいた方が、結果的に安心だしお安く済みますね!

機械系統はエンジン、ギアオイルが原因でのトラブルが多いものです。点火プラグやエアエレメントやベルト、ウォーターホース、ラジエタークーラント、サーモスタットなど基本的なパーツは交換を忘れずに。ハブはグリスの潤滑不良によるトラブルが多いです。ゴム類は走行距離に応じて必ず劣化します。劣化しますと亀裂が発生し破断してしまいます。

とにかく前もって予防ですね。

⭐️昨日は、乗用車にお乗りのお客様ご来店くださいました。

すでにSEVを多用されてます。今回はSEVランズSの追加と、エアベストナノブラックを装着されました。

ランズS。写真はお客様のクルマではありません。イメージ写真です。

エアベストナノブラックプラス。

AL-R。

ロードノイズを改善したいとのことで、SEVホィールをホィールに装着されます。1輪に4枚ですので、4本で16枚使用します。ショックにSEV AL-Rも4枚追加されます。

SEVホィール。

自分の場合は、不満な箇所やトラブル予防にSEVを使用してます。いま考えてることは、リーディング、トレーリングアームのストレス軽減させようと思っています。以前、ラリーで走ってた時に、左リーディングアームが突然破断したことがありました。幸いにクルマは正常に止まれました。そんな経験もあるので、アームのストレス軽減を目的に走りがどお変わるかやってみます。

Posted in blog, カスタマイズ, ジムニー, メンテナンス, 日記.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください