エンジンオイルがかなり減ってる状態で走ってました!

JA22のお客様。

ちょっとエンジンオイルレベルゲージを点検してみたら、レベルゲージの一番下端にオイルが付いてる状態でした。走行距離は約130000km越えです。

前回交換してから4年約15000km走行されていました。前回はアッシュオイルのPSEで交換されてましたが、よく何ともなく15000kmも走れました!

アッシュオイルでしたらロングライフで使用できるのでまだ安心です。ただオイルが減ってることは良いことではないのですけど。

先日、アッシュのPSEエンジンオイルにON-100を入れたお客様ですが、エンジンオイルが極端に減り出したクルマでしたが、交換後ほとんど減らなくなったとおっしゃていました。全部のクルマが同じように改善されるとは思いませんが、減りにくくなる可能性はあるかもです。

トラブルを未然に防ぐためのメンテナンスが大切です。

かなり汚れてますねぇ。F6A。

このようになってしまったらSOD-1(洗浄剤)かな!

上の写真はとても綺麗な状態です。こうでなきゃなりません。

とにかく潤滑命だと思います。エンジンもギアもLSDも潤滑です。絶対に怠ってはならないのです。怠ってしまうと壊れます!

最近は、点火プラグやラジエター液を交換されていないクルマの方多いと思います。定期的に点検、交換をされないと、こちらも壊れてしまったりと良くはありません。交換されないと後に痛い目に合うと思います。

点火プラグは特に2番シリンダーが緩みやすいので要注意です。(F6、K6)

エンジン内部が汚れにくいエンジンオイルを使用されると良いと思います。ノンポリマーオイルが良いです。アッシュオイルは基本的にはノンポリマーオイルです。一部のオイル(MO)にはポリマーを使ってますが、汚れが発生しないポリマーですので安心して使えます。

クルマは使いっぱなしが一番よくありません。とにかくエンジン、ギア、冷却システム、フューエルシステムを綺麗にしましょう!まだまだたくさんありますが、とりあえず。

エンジンもターボもギアも潤滑が長持ちの秘訣だと思います。

とにかく潤滑です!

Posted in blog, ジムニー, メンテナンス, 日記.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください