よくあることですね。

JA11お決まりのエキマニクラックです。

JA11を長〜く乗ってきますと必ずと言っていいほどエキマニにクラックが入りますね。

クラックが入るとターボにいくはずの排気ガスがターボ手前で外に出てしまうので、当然パワーは出なくなっちゃいます。また、クラックを放っておくとますますクラックが広がっていきます。最悪ターボとエキマニが二分割状態になります。

ターボもエキゾーストハウジング側で円周状にクラックが入ります。

モンスタースポーツからJA11用のエキマニが販売されてます。このエキマニでしたら大丈夫です。少し重たいですがとても丈夫な作りをしてますし、取付しますとマフラーの音質がカッコ良くなります。うるさいのではなくほんと良い音質になると思います。当然エンジンレスポンスも良くなります。

排気温度計のセンサー取付も簡単にできるようになってますので、排気温度計を付けない場合はプラグ栓をネジこみます。プラグ栓は付属されてます。

数販売しましたが皆さまに喜ばれています。エキマニクラック入ってるジムニーの方是非お使いになってみてください。良い製品ですよー。

あとジムニーでよくあるのは、フロントハブのガタつきですね。ハブベアリングの摩耗によるガタ、摩耗によるベアリングナットの緩み、キングピンベアリングの摩耗によるガタ、キングピン自体がダメな場合、キングピンベアリング自体の破損ですね。これは全部潤滑不良が原因です。

長期に渡って潤滑をしなくてはならない箇所(外からグリスを入れられない)なので、なるべく質の良いグリスをお使いになられると良いと思います。特にキングピンベアリングの上側はほとんどグリスが付着してないと思いますので、アッシュのグリスですと長期に渡りグリスがちゃんと付いてます。

当店では、アッシュの耐熱グリスを販売しております。(エステル製)アッシュ製グリスは長期潤滑性能に優れてますので、滅多に開けない箇所にはオススメ品です。また、グリスの固さは丁度2号ですので固いグリスですが、手で触った感じはほんとハンドクリームのように柔らかなグリスです。ベアリングに塗りますと滑らかにローラーが回転できますので、ベアリングの回転抵抗が少ないと思います。ハブ廻りのベアリングやドライブシャフトの等速ジョイントにほんと良いです。あと、クラッチ(ミッション)のインプットシャフトスプライン部、インプットシャフト先端部、レリーズベアリングなどにも使えます。

大変お勧めな耐熱グリスです。1kg缶での販売ですが小分けしてますので、ご自身でメンテナンスされる方是非お使いください。

アッシュのグリスの写真がなくてすみません。

写真下はレヴィテックのグリスです。レヴィテックも扱っております。

Posted in blog, カスタマイズ, ジムニー, メンテナンス, 日記.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください