もしもの為の備え

JB23用のトランスファーギアボックスのガードと、マウント補強ブラケットです。

トランスファーギアボックスはほぼ車体の真ん中辺りなので、悪路を走るとギアボックスをよくぶつけてしまったりするので、悪路走る方はガードは必需品です。最悪の場合ギアボックスを割ってしまうこともあります。以前、本当に割った人いました!

マウントブラケットも悪路を走るならば、補強ブラケットで補強するか、もしくはマウントブラケットそのものをもっと頑丈なものに変えるかしとかないと、万が一マウントブラケットが割れたら走行不能になってしまいます。

また、リアのプロペラシャフトでトランスファーギアボックスを突いてしまうと、マウントブラケットは破損しますので、悪路走る方は備えておいた方が安心かな。マウントブラケットが割れた場合トランスファーギアボックスがブラブラになって車体から落ちちゃうから、しっかりとしたガードを付けておけば落ちないし、ベルトでしっかり固定すればなんとか走れると思うのでなるべく備えておくと安心です。


オフロードサービスタニグチ製のガードと補強ブラケットです。

悪路走る場合はなるべくしっかりとしたガードの装着ですね。最低限でもデフガード、トランスファーギアボックスガード、サスペンションのアームガードで壊れる前に備えを!

JA11も同様です。トランスファーマウントブラケットは、JA11の場合スチール製だけどよく捻れちゃうから、ノーマルを補強しておくと安心。

Posted in blog, カスタマイズ, ジムニー, 日記.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です