どうせなら気持ち良く走れるようにした方がいいかなと思います。

JB23のお客様。

ちゃんと補正されてます。

サスペンションでただ車高を上げてしまうと、メーカーさんが設計されたサスペンション性能を崩してしまい、ただ走りにくいクルマになってしまいます。

サスペンションはハンドリングなどにも影響を及ぼしてしまうので、車高アップしたらやはり補正をちゃんといしないとならないと思います。お客様のクルマは2.5インチ程アップされていますが、しっかりと補正をされていますので、真っ直ぐ走れますし、コーナリングも素直に走れます。ちょっとだけ乗らせていただきましたが、自分が欲しくなってしまうくらいちゃんとしたクルマに仕上がっていました。

軽自動車の場合は、横幅は出せないので車高アップは必要最小限にとどめておくことだと自分は思います。上げないで済むのでしたら車高は上げない方が一番良いと思います。 あくまでも自分の考えですが。

お客様のクルマは、前後ともちゃんと補正をされてます。

お客様のクルマは、SEVをしっかりと装着されてますので、トルク、パワー感なども楽しめる性能に仕上がっています。また、SEVダッシュオンやSEVストレスブロックも使われているので、コーナリング性能やブレーキング性能も安定した走りができるようになってます。

最新のSEVストランスコアをバッテリーに装着されました。写真のガムテープ部分です。JB23にはガムテープで仮付けです。ほんとはお仕事で使われるクルマに装着されるそうですので、今回はガムテープ止めです。

このSEVトランスコア、すごく良い製品です。パワー、トルク感だけではなく、直進安定性も向上しますし、コーナリング性能も気持ち良く走れるようになります。 バッテリーに貼って何でコーナリング性能や直進安定性能が向上するのかと皆様思うと思いますが、電気的なロスを減らしますとクルマの挙動も変化するようです。アースチューニングなどでも挙動は変化します。

SEVボルテージもクルマの安定性能が向上します。

電子でチューニングだから目には見えないので、なかなか理解はできませんが、性能向上は確実だと思います。今日自分のクルマF54のバッテリーケース(バッテリー直接ではない)にSEVトランスコアを1個貼り付けてみました。今週も千葉まで往復しましたが、バッテリー直接ではないのですが、パワー感伸び感は程よく向上、トルク感増大しましたが、やはりコーナリングや直進安定感は気持ち良かったです。

Posted in blog, カスタマイズ, ジムニー, 日記.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です